パンダリン日記

看護師という職業は偉大だ

看護師という素晴らしい職業についていろいろ口コミます

看護師が足りない問題をどうにかしたい

看護師不足をどうにかしたい若い看護師さんって、耐えきれず、すぐ転職しまくりです。

ちょっと嫌なことがあると、辞めようって考えます。

看護師さんって今とにかく足りていませんので、そのわがままが簡単に通るし、なんとかなっちゃいます。

じゃ、あなたがやってみなさいよ。って言われてもできませんし。

特別な資格ですから、たくさん威張っていいと思います。

人の役に立ち、やりがいを感じる職業

患者さんの役に立てるのは気持ちいいし、やりがいがあるやりがいですかね。表面的に答える場合は、どこの看護師転職サイトでも書いてあるような言葉をいいますけど、実際は、過酷すぎて心なんていちいち入れてられないのが現状です。

心なんて持ってたり、モラルや人としてどうなんなんて、正義感に熱いのは理想論。

現場はとにかく回すことが優先。ベットを空けて次に患者を入れ、的確な処置で、早急に退院してもらう。

これ実は、ドライのようで、理にかなっています。

患者だって長々と入院していたくないので、心を通さず、仕事をこなします。

新人看護師くらいでしょうかね。夢心地で仕事して、精神論を述べてくるのは。

そんなんわかってるっちゅうの。どんどん回していこうよ。予想しないペースと時刻に患者が訪れてくるんだから。

わりきっていこうよ。できる看護師は些細なことを気にせず、目をつぶり、全体を把握し、スピード感があります。

女性看護師がモテるって話です

看護師だった彼女は風邪を引いたときにやさしく看病してくれた看護婦って呼ばれていた時代がモテてたんじゃないでしょうか。

私のお爺ちゃん世代にモテるのってモテるって言います?

病人に興味なしです。

忙しすぎて、出会う機会が本当に全くないので、出会い系のアプリでも使って婚活や恋活をすれば、看護師という職業に飛びついて連絡してくる男性がいそうでしょうけど。

仮にモテていても気づかないし、暇なしっていうのがリアルな話です。

ただ、日頃から、自分をなくして、作り笑顔をまとい犠牲を払っているので、心から自然とできる白衣の天使とハードル上げられても困ります。

普段は本当に激務なので、男性の方が奉仕気質のやさしい人だといいなって思っています。

看護師がモテるって制服と世話好きという勝手な印象の一人歩きに過ぎないと思います。

看護師の転職ってお姫様扱い

看護師さんは夜勤を嫌がるどう考えても、60、70代と20、30代の人口違うよね。

これで回せって無理があります。上長に言ったところで、流されるだけ。

そんなこともあってか、世の中的には看護師さんの人材紹介は、大変儲かるようで、なんとも仲介手数料が相当額。

ほぼ看護師の人材紹介業の収益で上場している会社だってあるくらいだから、なんとも少子化に感謝ですよね。

そんな人材紹介業の看護師と病院との仲介役になる人は、コンサルタントだとか、キャリアパートナーとかキャリアアドバイザーとか看護師求人会社によって呼び名が様々。

とにかく横文字でかっこつけていますが、単なる病院との仲介役です。

仲介役って読んであげましょう。

大体は、低姿勢です。紹介したら、自分たちに紹介料(インセンティブ)が入りますから、どんどん紹介したら、それだけ紹介料がきますから。会社も儲かるし、自分も儲かるので。

なので、看護師さんはクライアントです。威張り放題です。

転職した先に過酷医療現場が待っていますので、転職中くらい皆さんお姫様になりましょう。

ひとりの看護師さんの人材紹介で、裏側で多くのお金が動いていることを知っておいてください。

ほとんどの場合、年収の20~30%が人材紹介会社に支払われます。

「ちょっとちょっと、あなたのために年収交渉に頑張って粘り抜いたとか抜かしていたあの仲介役。あれ、自分に跳ね返るじゃんか。」

はい。そういうことです。ちゃんと仕組みを理解しておきましょう。

看護師は、すぐ辞めちゃう職業ってのも、紹介会社としたらおいしすぎますよね。

年収500万の転職を1人あっせんしたら、最大150万がチャリンですよ。

人を転がす商売って、在庫も抱えることもないしほんと儲かりますね。

多少経費はかかるでしょうが、アパレルや食品産業に比べたらぶっちぎりの利益率です。

転職業界に上場会社が多数あるのも理解できたと思います。

ここらへんを理解すれば、遠慮することにためらいがなくなると思います。仲介役がどうしようもないならすぐにチェンジをかけましょう。

決して、いい人にならないでください。ビジネスです。

いっぱい条件をだして、納得のいくまで粘ること。気に入るまでとにかく仲介役とぶつかること。

そして、自分にぴったりの転職先が見つかったらちゃんと仲介役をほめてあげましょう。

そんな激務な看護師さんを応援するサイトをみつけました。
看護のお仕事とは

関連記事

関連記事はありませんでした